ニュース

ソフトバンク・テクノロジー、日本語フォント「LETS」のオンライン提供を開始

2013/08/29 18:34

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、8月29日、豊富なバリエーションをもつ日本語フォント製品「LETS」のオンライン提供を開始した。

 「LETS」は、今年6月に業務提携したフォントワークス(松雪文一代表取締役)の製品で、高品質で豊富なライブラリをもつフォントを年間契約で使用できる新しいデジタルフォントのライセンスプログラム。

LETSの申込み専用ECサイト「SBT LETS STORE」

 SBTは、「LETS」を申込み専用のECサイト「SBT LETS STORE」を開設。今後、申込み契約の自動更新など、オンラインならではの機能の提供を検討している。

 価格は、入会金が3万1500円/1事業所(初年度のみ)、年会費は3年コースが年間2万5200円/1PC、1年コースが年間3万7800円/1PC。
  • 1

関連記事

ソフトバンク・テクノロジー、浜松市にBCPトータルソリューションを納入

SBT、東京理科大学とビッグデータ活用の共同研究を開始

スマートデバイスの導入提案術 ~ビジネスは次のステージへ

ソフトバンク・テクノロジー デジタルマーケティング統括部 クライアントサービス部 シニアWebコンサルタント 橋本 翔

SBT、トライポッド製「DirectPOD」の取り扱いを開始、タブレット端末で社内システムにアクセス

外部リンク

ソフトバンク・テクノロジー=http://www.softbanktech.jp/

フォントワークス=http://fontworks.co.jp/

「SBT LETS STORE」=http://store.sbtlets.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>