日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、ビッグデータ処理用のプラットフォーム「IBM PureData System」のラインアップを強化し、テキストや画像などの非構造化データを分析するHadoop基盤「IBM PureData System for Hadoop H1001」を10月15日に、Netezza技術を実装したアナリティクス基盤のエントリモデル「IBM PureData System for Analytics N2002-002」を10月18日に発売する。

 「IBM PureData System for Hadoop」は、IBMのHadoopソフトウェア「IBM InfoSphere BigInsights」を採用。Hadoop上で大量データを扱うことができる「BigSQL」や、プログラミングなしにデータを可視化して編集できるスプレッドシート形式の「BigSheets」などを備え、Hadoopを用いたビッグデータの活用を実現する。

 「IBM PureData System for Hadoop H1001」は、エンタープライズ向けの統合型システム。IBMのx86サーバー技術をベースに、18台のデータノードと冗長化された2台のマスターノード、10ギガビットと40ギガビットのイーサネットを組み合わせたネットワークで構成する。データノードの内蔵ディスクは、データを圧縮して格納するので、約1PB(ペタバイト)を格納することができる。

 「IBM PureData System for Analytics N2002-002」は、ビッグデータ分析に特化した統合型システムのエントリモデル。超並列処理の設計を採用するNetezza技術を使いながら、データ処理を行うブレードやディスクの本数を抑えることによって価格を下げた。リスト価格はおよそ6000万円だという。中堅・中小企業に提案するほか、大手企業の部門単位/拠点単位での提供を目指す。

 15日の発表会で、ソフトウェア事業担当のヴィヴェック・マハジャン専務取締役執行役員は、「このところ、年商100億円規模の企業もデータの分析・活用に敏感になっている。当社は『IBM PureData System for Analytics N2002-002』を商材に、中堅・中小企業のニーズに対応し、『どんなお客様でもビッグデータ活用』を実現したい」と語った。(ゼンフ ミシャ)

ソフトウェア事業担当のヴィヴェック・マハジャン専務取締役執行役員