NEC(遠藤信博社長)は、高速で広域にわたる通信ネットワークを迅速に構築し、災害対応にも有用な陸上自衛隊向け「野外通信システム」の納入を開始した。

 陸上自衛隊現有の方面隊電子交換システム、師団通信システム、各種機能別無線機の後継として、方面隊と師団に今年度から装備され、方面隊、師団の指揮・統制・情報伝達のための通信を継続的に確保するもの。

 ソフトウェア無線技術によって、各種無線機として動作するアプリケーションを無線機にインストール。異種無線機との相互通信を実現し、海上・航空自衛隊と、防災無線をはじめとする関係省庁との通信を確保できる。(ゼンフ ミシャ)