オーリック・システムズ(オーリック、幾留浩一郎代表取締役CEO)は、11月29日、リアルタイムウェブアクセス解析ソフト「RTmetrics(アールティーメトリックス)」の最新版「RTmetrics V 9.1.0」と、「RTmetrics」でビーコン方式の解析を容易にする「RTmetrics Beacon Collector」を発売した。

 「RTmetrics」は、クライアントとウェブサーバー間の通信のパケットデータを収集し、任意の形式にデータを加工して解析するパケットキャプチャー方式、ウェブサイトにビーコンタグを埋め込み、クライアントから解析用のデータを取得し解析するビーコン方式、ウェブサーバーのログを定期的に取り込んで解析するログ方式など、すべての解析ニーズに対応するハイブリッド型オンプレミス製品。

 「V 9.1.0」では、新たにActive DirectoryやLDAPを利用した外部認証システムと連携。また、各種定義ファイル類の自動更新機能を追加して、通常メンテナンスでの運用負荷を大幅に削減し、解析業務とデータ活用に集中できる環境を提供する。

 「RTmetrics Beacon Collector」は、ビーコン方式でのアクセス解析を容易に実現するサーバープログラム。社外サイトにビーコンタグを埋め込み、社内サーバーと同様にアクセス状況を横断的に把握したり、サイトの利用者の行動を詳細に解析したりできる。

 「RTmetrics V 9.1.0」の価格は450万円から。「RTmetrics Beacon Collector V 1.0.0」の税別価格は30万円から。いずれも標準ライセンス料の20%に相当する年間保守料金が必要。