シマンテック(河村浩明社長)は、10月1日に発売したバックアップアプライアンスの「Symantec Backup Exec 3600(BE3600)」で仮想環境のバックアップを求めるSMB(中堅・中小企業)を新規顧客として開拓する。アプライアンスであるという手軽さを武器に、国内バックアップアプライアンス市場でシェア10%を狙う。

関屋剛
常務執行役員
 「BE3600」は、仮想マシンホスト3~5台(仮想マシン30~50台)のシステムに適したバックアップアプライアンスで、1Uサーバーにバックアップソフト「BE2012」のメディアサーバー、BE2012の全オプションエージェント、重複排除ストレージを搭載している。仮想環境のバックアップに必要なコンポーネントを1台に集約していることが売りだ。通常、仮想環境のバックアップは、一つの物理サーバー上に複数のゲストOSが立つことになり、ホストマシン全体で大きなデータ量を保持することになる。一方、BE3600は、ソフトのBE2012によって運用負荷の軽減やバックアップ時間を短縮するため、ホストマシンへの負担を大きく減らすことができる。

 シマンテックがバックアップアプライアンスを発売するのは今回が初。関屋剛・常務執行役員コマーシャル営業統括本部長は、「アプライアンスにすることによって、ユーザー企業の選択肢を広げることができるという判断で市場に投入することになった」としている。

 シマンテックは、販社にとってはアプローチをかけるユーザー企業の幅が広がると捉えており、「BE2012を活用してソリューションを提供しているSIerなどから、これまで仮想環境へのインテグレーションを行う際にハードとの互換性などを中心に問い合わせがあった。当社がハードも提供すれば、販売パートナーの不安がなくなる」という。しかも、BE3600を担いで自社のアプリケーション提供に力を入れようとしているSIerも出てきているようだ。

 バックアップアプライアンス市場では、EMCジャパンや日本IBM、日本HPなどハードメーカーが先行しており、一定のシェアを確保している。シマンテックは、かなりの後発となるが「SMBは仮想環境を構築したいと求めているが、そのニーズに応える製品が出ていなかった。そういった点で、十分にシェアを狙える」と自信をみせる。近い将来にシェア10%を見込んでおり、「SMBを中心に新規顧客の開拓を図りながら、大企業の各拠点などもターゲットにして拡販する」との方針を示す。まずは、今年12月中に100セットの販売を目指している。(佐相彰彦)