デジタルアーツ(道具登志夫社長)は、2月17日、情報漏えい防止と内部統制を推進するウェブフィルタリングソフトの最新版「i-FILTER」Ver.9(Windows版・Linux版)を4月1日に発売すると発表した。

 Ver.9は、必要に応じて適切にウェブサービスを防御設定する機能を搭載。カテゴリによるURLフィルタリングに加えて、情報漏えいリスクに応じて5段階に整理された国内外約2000のウェブサービスの機能を制御できる。さらに、これまでオプションで提供していたHTTPS暗号化通信の解析機能「SSL Adapter」と、高速ログ検索機能「Log Search」を標準パッケージで提供する。

 税別価格は、30ライセンスで年間26万6000円(保守料含む)からとなる予定。デジタルアーツは、今後3年間で75億円の売り上げを目指す。