応研(原田明治代表取締役)は、就業・勤怠管理システム「就業大臣NX」のオプション製品として「就業大臣NX 介護・福祉帳票ユニット」を発売した。

 「就業大臣NX 介護・福祉帳票ユニット」は、「就業大臣NX」に登録されているスケジュールや勤務実績から、介護・福祉施設で求められる帳票を集計するオプション。複雑な計算が必要な帳票を正確・迅速に作成でき、省力化を実現する。

 常勤換算数の確認に用いられる「従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表」を集計して、出力したエクセルファイルを編集し、自治体に応じたフォーマットに変更できる。また、「夜勤職員配置加算」に関わる各職員の夜勤時間数を記録した勤務表を集計して、設定した夜勤時間帯をもとに勤務データの夜勤時間数を自動計算する。複数施設を管理する場合、夜勤時間帯は施設ごとの設定ができる。「常勤換算表」同様、さまざまな集計・管理に対応する。

 税別価格は、スタンドアロン/ピア・ツー・ピアが15万円、LANPACK 2・3・5クライアントが25万円、LANPACK 10・15クライアントが35万円。