データ・アプリケーション(DAL、橋本慶太社長)は、消費財流通業界の EDI 標準仕様である流通 BMS に準拠したウェブEDI アプリケーション「流通 BMS 対応 Web-EDI テンプレート」をリテイルサイエンス(今渕真太郎社長)と共同開発し、5月下旬に提供を開始する。企業間取引業務全般に適用できるウェブEDI(電子データ交換)システムを容易に構築できる Java ベースのウェブEDI システム基盤「ACMS WebFramer」のオプション製品。

 「ACMS WebFramer」は、DALが昨年9月に発売した製品で、取引用ウェブサイトにログインするためのID・パスワードやセキュリティなどを管理するユーザー管理機能や業務管理者、業務担当者のアクセス状況を記録する業務ログ管理機能などの機能を完備したウェブEDIシステムを短期間で構築し、運用を容易にするシステム基盤。従来、この上で動く業務アプリケーションは、取引業務を想定したサンプル・アプリケーションをベースにして、ユーザーまたはSIerが個別に開発する必要があったが、新オプションの「流通BMS対応Web-EDIテンプレート」は、流通BMSのメッセージ標準に準拠した取引に必要なウェブアプリケーションを標準で提供する。

 「ACMS WebFramer」に「流通BMS対応Web-EDIテンプレート」を追加することで、大手企業との取引だけでなく、中小規模のサプライヤーとの取引もカバーする総合的な流通BMS対応のEDIシステムを提供できるようになった。

 税別価格は、400万円を予定している。

 「流通BMS対応Web-EDIテンプレート」は、「ACMS WebFramer」上でのテンプレート開発計画の第一弾。DALは、今後もビジネス・パートナーとの協業をベースに、他業界向けテンプレートの開発を推進する。