チエル(川居睦社長)は、対応プラットフォームを拡大した14年度版のeラーニング教材「2014年度版 スーパー情報倫理」を3月19日に発売する。

 書籍『インターネットの光と影』に準拠した「スーパー情報倫理」は、大学などで普及しているeラーニングプラットフォームの「Moodle」やe-Learningシステム「Glaxa」などで利用できるSCORM規格のeラーニング教材。

 「2014年版 スーパー情報倫理」は内容を改訂し、利用できるプラットフォームを従来の「SCORM対応版」に加え、クラウド型教材配信サービス「CHIeru.net対応版」や講義支援システム「CaLabo Bridge対応版」、eラーニングアプライアンスサーバー「eNetLibe対応版」にも広げた。

 改訂の主なポイントは、「スマートフォンやタブレットなどの携帯情報通信端末の変化」「ソーシャルメディアの拡大とその影響」「初等中等教育・高等教育におけるICT活用の現状」。

 税別価格は、「SCORM対応版」が1年間50万円、「CHIeru.net対応版」が3か月間1080円、6か月間1800円、「eNetLibe対応版/CaLabo Bridge対応版」が基本1ライセンス5900円、21ライセンス98万円、41ライセンス19万円、追加1ライセンス5000円。