トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、クラウド環境に必要なセキュリティソリューションの導入を加速させる「TREND MICRO Cloud Integratorコンソーシアム」を、4月23日に設立すると発表した。

 コンソーシアムは、クラウドインテグレータ(CIer)がユーザー企業に対してクラウド環境でのセキュリティ製品実装を適切に行うことを目的に、トレンドマイクロから加入パートナーに対して、クラウド環境のセキュリティ要件に則した技術サポートや事前検証支援を提供するもの。16社のパートナーで構成する。

 トレンドマイクロは、コンソーシアムで、サーバーセキュリティ製品の高度なハンズオントレーニングなど、プリセールスから導入・運用・サポートに至る技術者向け教育プログラムをパートナーに提供。製品技術問い合わせ窓口を設置し、パートナーのセキュリティ製品の選定や事前検証を支援する。パートナーと共同で、クラウドセキュリティの導入を促進するためのプロモーションも積極的に実施する。

 さらに、パートナーと協力して、クラウドセキュリティに関する新製品の事前検証を随時実施。パートナーは製品開発段階で製品の事前検証をすることで、機能・実装方法をいち早く把握するとともに、トレンドマイクロはパートナーからのフィードバックを通じてよりよい製品実装方法を開発する。

 トレンドマイクロでは、コンソーシアムの加入パートナーを通じて、今後1年間でクラウド上のセキュリティ製品・サービスの導入案件を50件獲得することを目指す。