【上海発】セゾン情報システムズの中国子会社、世存信息技術(上海)有限公司(高屋敷国弘総経理)は、中国でのパッケージソフト販売事業を強化する。セゾン情報システムズが2013年に子会社化したアプレッソのデータ連携ソフト「DataSpider Servista」の英語版を、「海度 DataSpider」として5月から販売していく。

 世存信息技術(上海)は、05年11月にセゾン情報システムズのオフショア案件と中心とした開発拠点として設立された。11年4月には、中国市場の開拓を開始。資本金は1億円で、約40人の従業員を抱える。ファイル転送ツールの英語版「HULFT 7e」と中国語版の「海度」を中心に、昨年度(13年12月期)はパッケージソフト販売事業で約1000万円を売り上げた。

 現在、中国では、日系SIer2社のほか、ローカルIT企業13社を販売パートナーにしている。高屋敷総経理は、「ファイル転送ソフトとデータ連携ソフトを組み合わせるなど、SIerとの連携を図りながら付加価値の高いソリューションとして提供していきたい。3年後には、パッケージソフトの販売事業の売り上げを3億円規模にまで拡大したい」と意欲をみせている。(上海支局 真鍋武)

高屋敷国弘総経理