調査会社のIDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2014年第1四半期(1~3月)の国内サーバー市場動向を発表した。同社によると、販売金額は前年同期比3.1%増の1242億円で、出荷台数は同13.6%増の16万4000台だった。

 今期は、x86系のCPUを採用し、パソコンと同じ設計であることを特徴とする「x86サーバー」の出荷金額が前年同期比で17%増と、好調ぶりをみせた。サーバー市場全体に対するx86サーバーの出荷金額構成比は、8.3ポイント上昇して70.1%となり、IDC Japanが2000年に調査を開始して以降、初めて7割を超えたという。また、x86サーバーの出荷金額は870億円、出荷台数は16万2000台で、ともに2000年以降、最高を記録した。

 今期は、複数のベンダーで1000台を超える大口の出荷があったことに加え、消費増税前の駆け込み需要があったことが、x86サーバーの市場に刺激を与えたとみられる。(ゼンフ ミシャ)