その他

揺れるx86サーバー市場 米IBMの事業売却報道について考察

2013/05/16 21:03

週刊BCN 2013年05月13日vol.1480掲載

 米メディアのウォール・ストリート・ジャーナルとCRNは、4月18日(現地時間)、米IBMがx86サーバー事業をレノボに売却する交渉を行っていると報じた。日本IBMはこの報道に対して、「噂にはコメントできない」(広報)としているが、過去のIBMの戦略を振り返ると「ない」とは言い切れない。技術的な差異化要素を失ったハードを次々と売却してきたIBMが、x86サーバーを次の売却対象にしても不思議ではない。この報道に対するIT業界の見方を紹介するとともに、今のx86サーバー市場を考察する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<x86サーバーメーカー座談会 2012>「クラウド時代でもサーバー市場は伸びる」 7社のメーカーが集結、各社が語る戦略と強み

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>x86サーバー 4年ぶりの54万台突破か──NECに肉薄するHP、富士通

デル、x86サーバー出荷台数シェアがアジア太平洋地域/日本で首位に

<いまさら聞けないキーワード>x86サーバー

おすすめ記事