応研(原田明治代表取締役)は、7月1日、商品の単品管理を支援する「大臣エンタープライズ 販売管理」の新バージョン「1.3」を発売した。

 新バージョンは、「項目拡張オプション」を追加することで、得意先/仕入れ先/商品を最大30分類(従来は最大5分類)、担当者を最大10分類(従来は最大3分類)、項目を数値/日付/時間/摘要/コンボで最大99個(従来は数値/日付/摘要で最大5個)に拡張した。

 事業部単位で分析項目を変更することができ、食品、製造、アパレル、医療などの特定業種をはじめ、単品での管理を必要とするすべての企業に最適なオプション。絶えず変化する消費者ニーズを把握するために、ブランド、色、サイズ、購買時間、規格など、さまざまな切り口に対応した項目を自由に設定することができる。