ITディストリビューション事業を手がけるジェイズ・コミュニケーション(ジェイズ、愛須康之社長)は、7月3日、販売パートナー向けにソリューションを紹介するセミナー「J's DAY」を東京・丸の内で開催した。

 冒頭、ジェイズの愛須康之社長は、「2年前からポートフォリオの拡充に力を入れ、Wi-Fi製品やスマートデバイス向けセキュリティなどを揃えたきた」と事業戦略を説明。モバイル市場の成長とともにこれらの製品のパートナー向け販売が活性化し、2013年12月期の連結売上高は54億円に伸びたという。「パートナーを手厚く支援し、事業をさらに拡大したい」(愛須社長)と宣言した。

 続いて、ファイアウォールやウイルス対策を統合し、運用サービスを付け加えて提供するUTM(統合脅威管理)マネージドセキュリティサービス「Cyberoam」をはじめ、リモートデスクトップ「Splashtop」や情報漏えい防止ツール「MirageWorks」などの主力製品を紹介し、提案シーンを説明した。(ゼンフ ミシャ)

愛須康之社長