大塚商会(大塚裕司社長)は、無線LANのリモート運用監視サービス「たよれーる らくらくWi-Fi」を、10月1日に開始する。

 顧客が導入した無線LANアクセスポイントを、大塚商会運用監視センターで、24時間・365日稼働監視するサービス。必要に応じて、ファームウェアのアップデートやユーザーアカウントの管理など、顧客にとって手間のかかる作業を遠隔操作によって行うサービスも提供する。

 導入企業は、セキュリティ設定や障害対応など無線LANに関わる運用作業をすべて大塚商会に任せることができ、専任の管理者がいなくても安心してモバイル機器を活用できる。さらに、タブレット端末などを初めて導入する顧客に、モバイル端末管理(MDM)などの導入・運用支援サービスを用意。状況に合わせたモバイル環境を構築することができる。

 税別価格は、「らくらくWi-Fi基本パック」が月額3800円、初期費用14万5000円、「Wi-Fi追加パック」が月額2800円、初期費用12万5000円。いずれもWi-Fi機器1台、設置サービスなどを含む。1アクセスポイントあたりの同時接続端末数は20台。大塚商会は、初年度1000件の販売を目標とする。