アイレット(齋藤将平CEO)は、8月22日、虎ノ門ヒルズの新オフィスを報道機関に公開した。オフィスは、海外のリゾートホテルをイメージしたデザインで、シカゴの「国際建築賞2010」に入賞した若手建築家の谷尻誠氏が手がけた。

 新オフィスへの移転の理由を、齋藤CEOは「人材の採用でインパクトがほしい。虎ノ門ヒルズは話題性がある。新オフィスは、いい人材を集めるための採用コストとしての一面もある」と語った。

建築家の谷尻誠氏(写真右)と齋藤将平CEO(写真左)。新オフィスの入り口にて

 人材確保が難しいといわれるようになったIT業界。Amazon Web Services(AWS)のAPNプレミアコンサルティングパートナーとして知られるアイレット(cloudpack事業)だが、事業が急拡大するなかで、エンジニアの数が追いついていないという。社員数は100人以下だが、この1年で20人以上を採用。さらなるエンジニアの確保に向けて、虎ノ門ヒルズに新オフィスを構えた。

会議室はシャワー室をイメージ

 虎ノ門ヒルズの新オフィスは、海岸オフィスと汐留オフィスに加わるかたちで、3拠点目。営業部隊と、営業に近い技術部隊が新オフィスで勤務する。