日立製作所(東原敏昭社長兼COO、日立)は、9月17日、流体解析や気象予測などの大規模シミュレーションに高い性能を発揮するスーパーテクニカルサーバー「SR24000シリーズ」を発売した。

SR24000シリーズ

 「SR24000シリーズ」は、最新のPOWER8プロセッサの搭載などにより、従来モデルに比べ約1.6倍の実効性能を実現。日立独自の豊富な運用ノウハウやソフトウェア技術と組み合わせることで、スーパーコンピュータシステムとしての性能を最大限に引き出し、大量のデータを用いた科学技術計算を迅速に処理する。

 高集積・大規模システム向けに2UのシャーシにPOWER8プロセッサ(周波数3.42GHz)を最大20コア搭載できる「XP1」と、高い単体性能が求められるシステム向けに4UのシャーシにPOWER8プロセッサ(周波数3.52GHz)を最大24コア搭載できる「XP2」の2モデルを用意する。

 InfiniBandによるノード間ネットワークを高速化し、従来モデルの約3.3倍となる54.2GB/秒のノード間データ転送速度を実現。大量のデータを用いた大規模シミュレーションなど、科学技術計算を迅速に処理する。

 システムの規模や用途に応じてモデルを選択できるので、消費電力や設置面積など、システム導入・運用にかかるコストを抑えながら高性能スーパーコンピュータシステムを構築することができる。

 価格は、「XP1」と「XP2」の2モデルともに個別見積もり。12月1日に出荷を開始する。