ティエスエスリンク(TSS LINK、村口和孝社長)は、10月20日、ファイルの暗号化と二次利用防止ソフトの新製品「トランセーファー Ver.1.0」を発売した。

 ファイルの暗号化と利用権限制御によって、閲覧時にコピー/印刷/保存/画面キャプチャを禁止し、提供先での不正な情報の二次利用を防止する製品。利用権限として「閲覧のみ」「閲覧+印刷」「復号」といった制御によって、受け渡しの用途に応じた使い分けができる。

 提供元はアプリケーションにファイルをドラッグ&ドロップして、パスワードを設定するだけで暗号化できる。利用者は通常ファイルと同様、ダブルクリックして、パスワードを入力して開くだけで簡単に使用できる。Microsoft Office ファイルやPDFなど、広く利用されるファイル形式に対応する。

 管理サーバーやユーザー管理が不要で、インストールしてすぐに使うことができる。税別価格は、基本パック(5ライセンス)が30万円、追加5ライセンスパックが10万円から。無償の評価版を用意している。