エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は、10月27日、社会的問題である企業の情報漏えいの解決、防止に貢献していく啓発プロジェクト「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を始動した。

 企業の情報漏えいを「自分ごと化」し、その解決・防止に貢献していくプロジェクト。IT資産/PC構成管理ソフトウェアの「LanScope Cat」をはじめ、各種セキュリティツールの提供によって培ったナレッジを生かし、情報漏えいという社会問題解決に向け活動を展開する。監修者として、HASHコンサルティング代表の徳丸浩氏が参加する。

 「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」の発足に合わせて、情報漏えいの「自分ごと化」を目的とした特設サイトをオープン。情報漏えいのリスクや原因を、ケーススタディや徳丸浩氏によるコラムで紹介し、防止に役立つ情報を発信する。また、情報漏えいリスクの実態を把握するために、情報漏えいに関するアンケートを実施し、意識調査結果として定期的にレポートを公開する。

 さらに、「情報漏えい 百鬼夜行」というオリジナルの妖怪キャラクターを用いたリスク診断コンテンツを制作。日々の生活にもとづく診断項目に回答することで、自身の情報漏えいのリスクを診断できる。リスクがあると診断されると、妖怪にとりつかれるというストーリーで、危険性をリスク項目ごとに異なる妖怪のキャラクターを通じてわかりやすく紹介する。