エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は、9月4日、情報資産を扱う現場社員のITリテラシーの向上、内部漏えいリスクの低減を目的とした社員教育サービス「実践情報セキュリティ研修」の提供を開始した。

 「実践情報セキュリティ研修」は、現場社員のITリテラシーを向上し、内部漏えいリスクの低減につなげるソリューションサービス。社員のITリテラシーの向上によって、USBメモリの紛失、メールの誤送信、パスワードの管理ミスをはじめとした人為的なミスによる情報漏えいや、特定の情報を狙ったサイバー攻撃の一種である標的型攻撃による被害防止をサポートする。

 また、MOTEXのIT資産管理・ログ監視ツール「LanScope Cat」で収集したデータやレポートを研修に活用することで、抑止効果をさらに高めることができる。実際に取得した操作ログを利用することで、監視されていることを再認識してもらう。サービスは有償で、料金は別途問い合わせ。