京セラドキュメントソリューションズ(駒口克己社長)と京セラドキュメントソリューションズジャパン(古賀真社長)は、A3対応中速モノクロプリンタ「ECOSYS P4040dn」を2015年1月21日に発売する。

 「ECOSYS P4040dn」は、基幹系システムプリンタ「ECOSYS LS-6970DN」の後継機で、プリントスピードは毎分40ページ(A4ヨコ)。独自の長寿命技術がさらに進化し、定期交換パーツの感光体・現像器・定着器の寿命は従来機の1.6倍の50万ページ、またトナーコンテナ1本あたりの印字可能ページ数は従来機比25%増で、定期メンテナンスやトナーコンテナ交換によるダウンタイムの低減によって生産性を向上する。さらに、A4用紙1ページあたり0.6円の低ランニングコストで、基幹システムの帳票出力など、プリントボリュームの大きな業務のトータルコスト削減を支援する。

 自治体や金融・医療機関など、専用の基幹システムと一般事務用の異なる2系統のネットワークが必要な環境でも、オプションのネットワークインターフェースを追加することで、プリンタを1台に集約することができる。これによって、設置スペースの削減に加え、維持管理コストも低減できる。

 税別価格は14万8000円。国内市場で月間750台の販売を目標としている。