ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(根岸正人社長)と販売パートナーの京セラドキュメントソリューションズジャパン(古賀真社長)は、2月5日、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「WatchGuard XTMシリーズ」を活用して、京セラドキュメントソリューションズジャパンのデジタル複合機の操作パネルから、セキュリティに関するさまざまなレポートを直接出力する業界初の「セキュリティーレポート連携パッケージ」の提供を開始した。

 「セキュリティーレポート連携パッケージ」では、「拒否パケット一覧レポート」「ウイルス検知レポート」「コンテンツフィルタリングブロックレポート」「クライアントごとのWebアクセス一覧」「REDブロックレポート」など、セキュリティ運用で重要な5項目のセキュリティ可視化レポートを、デジタル複合機の操作パネルから直接印刷することができる。

 ユーザー企業は、セキュリティ対策の効果をわかりやすいグラフィカルなレポートに仕上げることができる。「セキュリティ機器を導入したが、その効果が把握しづらい」などの課題を解決し、セキュリティ対策の運用で、使い慣れた複合機での簡単な操作で導入効果を測定することができる。(佐相彰彦)