【上海発】キッセイコムテックの中国現地法人、普拉内特計算機技術(北京)(飯嶋弘総経理)が、中国の日系企業に向けたコンテンツ管理システム「FinLibrary」の販売を本格化する。飯嶋総経理は、「2015年は20~30社に販売したい」と意気込む。

 普拉内特計算機技術(北京)は、日本向けオフショア開発を手がける企業として1998年に設立。2004年にキッセイコムテックが出資して、現在は100%子会社になっている。日本向けオフショア開発を専業にしてきたが、キッセイコムテック日本本社がスクラッチ開発などの開発量の多いビジネスを軽減していることから、今後は中国国内でのビジネスに力を注ぐ。

 「FinLibrary」は、画像や動画、Officeファイルなどのコンテンツをサーバーに保管し、スマートデバイス上に配信して閲覧するシステム。営業・商談時の資料説明や、店舗販売時の商品説明、会議での資料共有、工場など、作業現場での資料参照などのシーンで活用できる。

 中国では、インフォテリアの現地法人などもコンテンツ管理システムを提供しているが、飯嶋総経理は、「『FinLibrary』は、競合製品と比べてUI(ユーザーインターフェース)がすぐれている。指一本で操作でき、利用方法を細かく説明しなくても、簡単に使いこなすことができる。画質もいい」とアピールする。ラベル検索や履歴検索機能、コンテンツ上への文字の書込み機能も備える。

 すでに日系大手光学機器メーカーで、約450ライセンスの導入実績がある。飯嶋総経理は、「2014年から、中国では企業のタブレット端末の活用が進んでいる。中長期での需要を見込むことができる」と期待している。(上海支局 真鍋武)

飯嶋弘総経理