クラウディアン(太田洋代表取締役)は、「CLOUDIAN HyperStore」ソフトウェアの最新版(HyperStore 5.1)を2月12日にリリースした。

 HyperStore 5.1は、Apache Hadoopとの完全連携が可能で、Amazon S3 APIに準拠していることによって、プラグ&プレイのハイブリッドクラウドを実現するソフトウェアソリューション。CLOUDIAN HyperStoreまたはアプライアンス上でHadoop分析を実行すれば、ビッグデータを「スマートデータ」として活用できるようになる。ユーザー企業は、Hadoop分析のために他のシステムにデータを転送する必要がなく、迅速に、効率的に、経済的に有意なビジネスインテリジェンスを得ることができる。

 また、クラウディアンは、Hadoopベンダーの米Hortonworksによる「Hortonworks Technology Partner Program」に参加していて、検証の結果、Hortonworksからの公式認定を得ている。認定取得によって、CLOUDIAN HyperStoreのユーザーは、唯一の100%オープンソースのHadoop用データ管理基盤である「Hortonworks Data Platform(HDP)」を利用できるようになった。HDPは、現在入手できる最も安定的で信頼性の高いHadoopディストリビューションで、クラウディアンが提供するエンタープライズグレードのハイブリッドクラウドソリューションの活用範囲をさらに拡大している。

 なお、HyperStore 5.1では、Hadoop完全連携と100%Amazon S3互換に加え、企業が求める要件や業務に対応する機能や拡張も追加している。