「U-22プログラミング・コンテスト」を主催するU-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、4月1日、15年度プログラミング・コンテストの応募要領を公開するとともに、15年版公式Webサイトをオープンした。

 「U-22プログラミング・コンテスト」は、1980年から経済産業省の主催により、優れた才能をもったイノベイティブなIT人材の発掘と育成、単にプログラムのできる人材ではなく、アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組む人材の発掘を目的として開催。2014年からは同コンテストの主旨に賛同、協賛する企業で構成された「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催し、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が運営事務局となり、歴史あるプログラミング・コンテストを継承、さらなる発展を目指している。

 15年度のキャッチフレーズは、「進め!未知なる創造力 若きプログラマーが進む新たな道!」。次世代を担う若者の作品を発掘し、未来の懸け橋となるようなコンテストであるというメッセージを込めた。また、今回から応募作品の審査に対して「プロダクト」、「テクノロジー」、「アイデア」の3つの評価カテゴリを新たに設け、総合的に優れた作品、各評価カテゴリで優れた作品に各賞を与える。

U-22プログラミング・コンテスト2015 3つの評価カテゴリ

 さらに、受賞特典を拡充し、従来の各賞とともに提供する副賞のほか、受賞者には希望により「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行っている未踏事業(未踏IT人材発掘・育成事業)への推薦」、「CEATEC JAPANなどの展示会で受賞作品のプレゼンテーション」、「コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)のスタートアップ支援事業への推薦」、「スポンサー企業への会社見学ツアー、インターンシップなどへの参加権利の授与」といった特典を付加する。

 なお、15年度の開催スケジュールは、7月1日から8月17日まで応募受付期間、8月から9月まで事前審査、一次審査、10月4日に最終審査会・特別講演・各賞発表、10月5日に経済産業大臣賞・商務情報政策局長表彰式(情報化月間記念式典)、10月7日から10月10日までCEATEC JAPAN 2015で受賞作品の紹介を行う予定。