ビットサーフ(天野信之社長)は、4月23日、IBMのクラウドサービスSoftLayer上で利用可能なセキュリティサービスの導入ソリューション「Deep Security インテグレーションサービス for SoftLayer」の提供を、5月18日に開始すると発表した。

 Deep Security インテグレーションサービス for SoftLayerでは、SoftLayerですでに提供されているセキュリティ機能に加えて、「Linux OSのセキュリティ対策」、「SoftLayerのサービス上では未提供のセキュリティ一元管理ソフトウェアの提供」、「セキュリティログ監視やファイル、レジストリの変更監視のニーズへの対応」を強化する。これにより、増加を続ける複合的なセキュリティリスクから顧客システムを確実に保護する。

 さまざまなセキュリティ要件に応えるため、サーバー保護に必要なセキュリティ対策を1つのエージェントで実現可能なトレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」を採用し、環境構築からセキュリティの設定、チューニングまでをワンストップで提供する。

 ビットサーフでは、すでにSoftLayerの環境構築支援サービスを提供しており、環境構築だけでなく、SoftLayerが提供するセキュリティ対策ソリューションや、Deep Securityの多彩な機能の中から、顧客の業務要件・ビジネス要求に応じた、最適な組み合わせによるセキュリティ対策を実現する。また、SoftLayer上でのセキュリティ対策だけでなく、オンプレミスシステムや他社クラウドサービス上でのDeep Security導入支援も対応可能となっている。

「Deep Security インテグレーションサービス for SoftLayer」 構成イメージ図

 税別価格は60万円から。