NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、ウェブサイトをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter」を11月4日に発売する。

 ウェブサイトの攻撃遮断と改ざん検知、セキュリティ診断を提供するクラウドサービス。ウェブアプリケーションを狙った攻撃、大量パケットを同時に送信するDDoS攻撃の対策などの「TrustShelter/WAF(ウェブ攻撃遮断)」、低価格・手軽に開始できる「TrustShelter/CW(ウェブ改ざん検知)」をベースに、さらに対策を求める企業向けに「TrustShelter/ST (ウェブセキュリティ診断)」をあわせて提供する。

 企業は、この三つの対策メニューのなかから、自社の状況に応じて必要なメニューを選択することができる。サイバー攻撃へは早急な対応が求められることから、短期間で利用を開始できるだけでなく、初期コストを抑えて導入することができるようにした。また、IT担当者が面倒や不安に感じることの多いセキュリティ運用をサポートするサービスメニュー(オプション)と組み合わせることで、IT担当者の運用負担を軽減する。

 税別価格は、「TrustShelter/WAF」が月額6万円から(最低契約期間1年)、「TrustShelter/CW」が月額1万4000円から(最低契約期間1年)、「TrustShelter/ST」は個別見積もり。NTTソフトウェアは、今後3年間で3億円の売り上げを見込んでいる。