ラリタン・ジャパンは、6月9日、データセンターのラック内で給電の可用性を高めるために、二系統の入力電源を自動的に切り替えるインテリジェントなラックトランスファースイッチ「PX3TSシリーズ」を、6月22日に発売すると発表した。

 PX3TSシリーズは、電気機械式リレーとシリコン制御整流子(SCR)を組み合わせたハイブリッド設計が特長で、シリコン制御の静止型切り替えスイッチ(STS)よりも低価格で、標準的な自動切り替えスイッチ(ATS)を上回る性能と信頼性を実現。内蔵センサーが、停電や電力変動などの電源供給設備の異常を検知すると、一方の電源系統からもう一方の電源系統に高速切り替えを行うため、ダウンタイムを最小限に抑えて、ラック搭載機器を継続的に稼働することができる。

 電子機械式リレーとシリコン制御整流子(SCR)のハイブリッド設計により、4-8ミリ秒というSTS並みのスピードを低価格で実現する。リレー接点の間隔を広く設定してリレー障害につながるアーク放電を防止し、電力効率を高め、発熱を低減している。

 使用する電力量をインレット単位、アウトレット単位、ブランチサーキットレベルでリアルタイムに計測でき、ネットワーク接続されたリモート管理モニターから、Webブラウザ経由で管理・制御することができる。

 また、電源管理にとどまらず、各種環境センサーなどを接続できるセンサー用ポートやWebカメラなどを接続可能なUSBポートを備え、ラック周辺の環境情報(温度、湿度、気流、差圧、水漏れ)なども監視可能で、ラリタンのDCIM(データセンターインフラ管理)モニタリングソフトウェア「Power IQ」と統合することで、データセンターの電力インフラ全体を効果的に管理することができる。

 入力電圧(V)、最大供給電流(A)、PDU形状、入力プラグ/出力コンセント形状などの違いにより全3モデルをラインアップする。

 価格はオープンで、市場想定価格は20万円台から。