デル・ソフトウェア(中村共喜社長)は、6月24日、ギガビットクラスの高速通信を実現するIEEE 802.11acワイヤレステクノロジーと、SonicWALLの次世代ファイアウォールを一体化したワイヤレス・ネットワーク・セキュリティ・ソリューション「Dell SonicPoint」シリーズを発表した。「Dell SonicPoint ACe」、「同 ACi」、「同 N2」の3モデルをラインアップする。

Dell SonicPoint ACe, Dell SonicPoint ACi, Dell SonicPoint N2

 Dell SonicPointは、多種多様な脅威への対策として、包括的なセキュリティ侵入防御、SSLの復号化と検査、アプリケーション制御、コンテンツフィルタリングの各機能に加えて、ワイヤレス侵入検出/防御、仮想アクセスポイント、ワイヤレス・ゲスト・サービス、クラウドアクセス制御リストなどを備えたソリューション。

 Dell SonicPoint ACe(外付けアンテナ)と同 ACi(内蔵アンテナ)は、802.11acをサポートすることで最大1.3Gbpsのワイヤレススル―プットを実現し、802.11nに比べて約3倍の性能を発揮する。このパフォーマンスにより、広い帯域幅を必要とするモバイルアプリ(動画や音声など)の使用、接続数の多い環境下の使用でも、信号の劣化を低減する。

 また、2つの無線装置を搭載。1つを比較的接続数の少ない5GHz帯専用に割り当て、干渉を最小限に抑え、高い信号品質を維持すると同時に、もう一方を2.4GHz帯に割り当て、802.11b/g/nの既存クライアントに対応する。さらに、送受信に複数のアンテナを搭載し、3×3MIMOに対応しており、優れた信号品質、到達距離、信頼性を実現する。802.11n対応の同 N2にも、2つの無線装置搭載。Dell SonicWALLワイヤレス・ネットワーク・セキュリティ・ソリューションのすべての特徴を備えているため、既存の802.11nの資産を無駄にしない。

 SonicPointシリーズは、Dell SonicWALLファイアウォール製品から自動検出、プロビジョニングが可能。SonicPointとセキュリティに関する日常的な管理と監視を、ファイアウォールまたはDell SonicWALL Global Management Systemを通して一元的に処理する。ネットワーク管理者は、有線とワイヤレス両方のネットワークを一つのコンソールから管理することができる。

 さらに、包括的で高度なセキュリティ性能を備えており、Dell SonicWALL次世代ファイアウォールの再構築不要のディープ・パケット・インスペクション(RFDPI)テクノロジーの適用により、有線とワイヤレスネットワーク上のすべてのトラフィックをスキャンし、侵入、スパイウェア、ウイルス、その他の脅威を排除する。

 ワイヤレスの侵入検出と保護機能では、ワイヤレスネットワークをスキャンして、未承認の(不正な)アクセスポイントを検出し、管理ファイアウォールがデバイスへの接続防止など自動的に対応策を実施する。このほか、ワイヤレス・ゲスト・サービス、ライトウエイト・ホットスポット・メッセージング、キャプティブポータル、仮想アクセスポイント、Multi-RADIUS認証、セキュリティポリシーの強制などの機能に対応している。