エーティーワークス(伊東孝悦代表取締役)は、中堅・中小企業を対象に、各種のセキュリティ機能がワンセットになったファイルサーバー「Store-Box Plus」を、7月22日に発売した。

Store-Box Plus

 Store-Box Plusは、ファイルのアクセス履歴の取得やアクセス権限の設定、ウイルス・スパイウェア対策ソフトの実装、データバックアップ、UPS(無停電装置)など、各種のセキュリティ機能がワンセットになったファイルサーバー。このファイルサーバー内でマイナンバーの管理を行うことで、マイナンバーが記載されたファイルをだれが閲覧・編集を行ったのかや、データバックアップ、停電時などでのファイルの保護など、高いセキュリティを維持したファイル管理が行えるようになる。

 10月から国民にマイナンバーが通知される「マイナンバー制度」の実質的なスタートにともない、各企業で情報システム部門のセキュリティ対策の強化が急務になってくる。エーティーワークスでは、こうした背景から従業員数が300人以下の中堅・中小企業向けに、Store-Box Plusの提供を拡大していく。