原価管理システム「どっと原価シリーズ」を販売する建設ドットウェブ(三國浩明社長)は、「どっと原価NEO EX」および「どっと原価NEO LT」に、工程表や積算ソフトで作成したデータを実行予算データに読み込みができる「予算データ読込モジュール」の提供を、8月26日に開始する。

「どっと原価NEO EX」および「どっと原価NEO LT」の製品パッケージ

 建設業界では、自治体との入札・受注・完成納品において、電子化対応が必要とされている。ところが、見積積算、受注、納品、原価管理などに対応するソフトウェアがそれぞれ違うため、入力作業が煩雑なうえ、ミスも起こりやすい状況にある。なかでも原価管理業務では、実行予算作成に大きな時間をかけてしまいがちなため、積算データや工程表データを転用することによる時間短縮が求められている。

 そこで建設ドットウェブは、福井コンピュータが開発する土木施工管理ソフト「EX-TREND 武蔵」の工程表データから、どっと原価NEO用フォーマット(MTDファイル)に変換したデータをどっと原価NEOの実行予算データに読み込むことで、瞬時に実行予算データを作成できるようにした。さらに単価一括変更機能などによって、実行予算データを完成させることができる。また、コンピュータシステム研究所が開発する土木積算ソフト「ATLUS REAL」で作成した積算データ(DGDファイル)にも対応する。

 なお、どっと原価NEO 予算データ読込モジュールは10万円で、どっと原価NEO LT基本モジュール(25万円)または、どっと原価NEO EX基本モジュール(80万円)が必須となる。価格は税別。