建設ドットウェブ(三國浩明社長)は、原価管理システム「どっと原価」の導入で培った運用ノウハウをベースに今後のクラウド対応や新OSに対応する製品として、「どっと原価 NEO EX」を2月12日に発売した。

 「どっと原価 NEO EX」は、中規模企業の原価管理に必要な機能はもとより、「承認・権限・セキュリティ機能」を有し、オフコンや自社開発システムなどからの切換えなどに必要なカスタマイズ(改変)などに柔軟に対応する「名称・属性変更機能」を搭載している。

 また、「どっと原価」に原価管理システム業界で初めて搭載した帳票作成機能「Excelフリー」をすべての帳票に対応することで、パッケージでありながら高い拡張性を実現。すぐれたコストパフォーマンスによって、中規模企業の経営の効率化を支援する。

 税別価格は90万円から。