アズジェント(杉本隆洋社長)は、地方公共団体のマイナンバー(社会保障・税番号)制度の安全運用を目的に、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)が提供する「Trend Micro マイナンバー向けサンドボックス」の監視サービス「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス for Trend Micro マイナンバー向けサンドボックス(MSS for マイナンバー)」の提供を、8月26日に開始した。

 トレンドマイクロのTrend Micro マイナンバー向けサンドボックスは、マイナンバー制度に対応する製品として、サンドボックスやふるまい検知機能などを実装し、地方公共団体などを中心に展開するアプライアンス型製品。ネットワーク上の不審な通信を検知し、振る舞い検知でみつかった不審ファイルをサンドボックスで解析する。

 一方、アズジェントのセキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービスは、アズジェント監視センターのアナリストが、エンドユーザーのセキュリティ機器を24時間365日運用監視し、セキュリティインシデントが発見された場合には、相関分析などを実施、エンドユーザーにイベントの内容と必要なセキュリティ対策を提案するサービス。ヒアリングシートをもとに、パフォーマンスやセキュリティの観点から、エンドユーザーの環境を考慮したセキュリティ設定を監視デバイスに適用する。

 今回、新たにTrend Micro マイナンバー向けサンドボックスを監視対象としたMSS for マイナンバーの提供を開始する。これにより、地方公共団体などの組織は、Trend Micro マイナンバー向けサンドボックスの能力を最大限に活用できるとともに、アズジェントのもつ「セキュリティ専門家の眼」を手に入れることが可能となる。

 「MSS for マイナンバー」の税別価格は月額15万円。