ブイキューブ(間下直晃社長)は、9年ぶりにメジャーバージョンアップしたクラウド型Web会議サービスV-CUBEミーティングの提供を、9月1日に開始した。

V -CUBE ミーティングの運用イメージ

 今回バージョンアップしたV-CUBEミーティングは、世界最新の映像・音声技術を新規に採用し、テレビ会議システムにも劣らないHD対応の高画質、高音質を実現した。また、スマートフォンやタブレット端末からの利便性に配慮したインターフェースを実装。出張先や外出先、在宅勤務など、利用が増加するスマートフォンやタブレット端末からの参加を前提としたインターフェースへと進化させ、誰でも使いやすく、シンプルで高い操作性を実現している。

 さらに、グローバル化により増加傾向にある海外とのコミュニケーション利用での、不安定なネットワーク環境下でも安定した利用を実現するため、専用ネットワーク環境を構築し、快適に利用できる高い接続性を実現した。このほか、導入サポートや24時間365日問い合わせサポートといった体制も充実し、安心、安全に利用できるサービスとなっている。