日本ユニシス(黒川茂社長)の新電力向けの顧客情報管理/料金計算システム「Enability CIS(エナビリティ・シーアイエス)」の商談が活発化している。2016年4月の電力小売りの全面自由化を目前に控え、多くの新電力が小売市場に参入する見通しだ。Enability CISは、こうした新電力向けの商談で確かな手応えを感じている。

 同社では、一定の規模を伴って新規参入し、かつ顧客管理システムを始めとする情報システムへの投資余力がある新電力は、全国でおよそ100社程度とみている。この100社を母数として、Enability CISで、「トップシェアの獲得を目指していく」(日本ユニシスの金井智・公共第一事業部次世代ビジネス部長)構えだ。

日本ユニシスの金井智・公共第一事業部次世代ビジネス部長