ネットジャパン(蒋冠成社長)は、Kroll Ontrack社のデータリカバリツール「Ontrack PowerControls for MS Exchange」と「Ontrack PowerControls for MS SharePoint」の2製品を、ネットジャパンのバックアップツール「ActiveImage Protector」のリストアオプションとして、10月14日に発売した。

 「Ontrack PowerControls」を使用することにより、ActiveImage Protectorで作成したExchangeサーバーのバックアップから、メール、添付ファイル、メールボックスを個別に簡単に復元することができる。同様に、SharePointシステムのバックアップから、データファイル(コンテンツなど)を抽出したり、稼働中のSharePointシステムに復元することができる。

 例えば、添付ファイルの本文、件名、メッセージ本文、添付ファイル名に記載された文字列、ドキュメントや添付ファイルの内容といったキーワードで高度な検索が可能となる。また、サーバーを丸ごと戻さなくても、データベースファイルを参照しながら、個別のメールやデータを復元できるため、ActiveImage Protectorを補完する製品として、便利なツールとなっている。

 価格は、「Ontrack PowerControls for MS Exchange Server」が10万3300円、「Ontrack PowerControls for MS Exchange Server with PowerPack」が12万8800円、「Ontrack PowerControls for MS SharePoint」が23万9400円。ネットジャパンでは、1年間で1億円の売り上げを見込んでいる。