セイコーエプソン(碓井稔社長)は、10月27日、レシートプリンタの新製品として、「タブレットPOS」に適した従来機比約1/2のコンパクトサイズ「TM-m30」と、従来機比約1/4の手のひらサイズ「TM-m10」を、12月上旬に発売すると発表した。

『TM-m30』 ブラック/『TM-m10』 ホワイト

 新製品は、2機種ともコンパクトサイズを実現し、狭いカウンターにも設置が可能。デザインも一新し、スマートデバイスと調和するスタイリッシュなデザインを採用した。レシートの排出方向は、背面と底面パネルはそのままに本体の向きを替えることにより、接客スタイルや設置場所に応じて上向き排紙、前向き排紙のどちらでも対応する。NFC(近距離無線通信)タグを本体に搭載し、NFC対応したスマートデバイスをかざすだけでプリンタを認識し、設定を行うことができる。オプションで、スタイリッシュに設置できる小型キャッシュドロアー(33センチ幅)も用意している。

 「TM-m30」は、1台で有線LAN、Bluetooth、USB接続、無線LANに対応したマルチインターフェースにより、複数の通信方法に柔軟に対応することが可能。また、AppleからMFiライセンスプログラム認定も取得し、iPad/iPhoneなどのiOS端末とのBluetooth接続も可能となっている。オプションの無線LANユニットは、2.4GHz帯以外に、5GHz帯にも対応し、電波干渉が少ない安定した通信を行うことができる。

 印字速度は最大200mm/秒、用紙幅は80mm、58mmどちらにも対応。ボディカラーはブラック、ホワイトを展開する。さらに、プリンタのデザインに合わせたオプションのカスタマーディスプレイ(DM-D30)と、「TM-m30」とカスタマーディスプレイのセットモデルも用意している。

『TM-m30』/キャッシュドロアー/カスタマーディスプレイの3点

 「TM-m10」は、有線LANモデルとBluetoothモデルをラインアップ。Bluetoothモデルは、AppleからMFiライセンスプログラム認定も取得し、iPad/iPhoneなどのiOS端末とのBluetooth接続が可能。大きさは、102(W)×102(D)×112(H)mm(上向き排紙時)と手のひらに乗るコンパクトサイズとなっている。印字速度は最大150mm/秒、用紙幅は58mmに対応している。ボディカラーはブラック、ホワイトを展開する。

『TM-m10』とキャッシュドロアーをカウンター下の棚に設置

 税別価格はオープンで、予想市場価格は「TM-m30」が5万円台中ほど、「TM-m10」が5万円台前半。同社では、今後1年間で約1万台の販売を予定している。