NEC(遠藤信博社長)は、VMwareの仮想化環境を可視化する管理ソフトウェア「VMware vSphere with Operations Management(vSOM)」を用いたシステム環境で、これまでのサーバー管理に加え、仮想ネットワーク管理も可能になる「仮想リソース可視化ソリューション」を「NEC SDN Solutions」メニューに追加し、10月28日に発売した。

仮想リソース可視化ソリューション導入イメージ

 仮想リソース可視化ソリューションは、vSOMに、ネットワークリソースを管理するプラグインソフトウェア「UNIVERGE PF6800 Network Analyzer」と、ストレージリソースを管理する「WebSAM Storage Analyzer」を組み合わせることで、サーバー、ネットワーク、ストレージの各リソースを、vSOMの管理画面から一括監視できるソリューション。プラグインソフトウェア「UNIVERGE PF6800 Network Analyzer for VMware vCenter Operations」に加え、ネットワークの仮想化を実現するNECのSDNコントローラ2台と、SDNスイッチ2台を合わせて提供する。

 これにより、今までの各リソース単位での管理では困難だったサーバーとネットワーク、ストレージリソースを関連づけた稼働状態の常時監視を実現する。また、ネットワークの過負荷やストレージの性能低下といったリソース不足の予兆を、サーバーと関連づけて検知することで、仮想化環境上の業務システムの性能が低下する前に、必要なリソースを割りあてることが可能となる。

 さらに、個々の業務システムを支える各リソースを関連づけて管理することができる。万が一の障害発生時には、簡単な操作で、問題の発生している仮想サーバーに関連したネットワークリソースの異常発生などを確認することが可能となり、迅速に原因である障害発生場所を特定できる。

 税別価格は、最小構成で1500万円から。