アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、10月29日、NECキャピタルソリューション(安中正弘社長)が販売する「SmartBootサービス」に、ALSIのクラウド型ウェブフィルタリングサービスInterSafe CATSを提供したと発表した。

 アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、10月29日、NECキャピタルソリューション(安中正弘社長)が販売する「SmartBootサービス」に、ALSIのクラウド型ウェブフィルタリングサービスInterSafe CATSを提供したと発表した。

 NECキャピタルソリューションのSmartBootサービスは、リース満了を迎えたPCをシンクライアント端末としてリユースし、月額課金で端末を提供するサービス。端末にかかるコストを軽減することができるほか、初期費用も不要で、一定料金で利用することができる。さらに、利用開始から安心してシンクライアント端末を利用できるよう、充実したセキュリティ機能を標準でバンドルしている。

 今回、ALSIでは、SmartBootサービスに標準バンドルされるセキュリティ機能のうち、URLフィルタリングサービスとしてInterSafe CATSを提供する。InterSafe CATSは、クラウド型のウェブフィルタリングサービスで、ウイルス感染のおそれがあるサイトや標的型攻撃による不正なアクセス、業務上不適切なサイトなどへのアクセスをブロックすることができる。

 ALSIは、SmartBootサービスへのInterSafe CATS提供により、ウェブセキュリティリスクの低減や業務効率向上を実現し、シンクライアント環境での安全なインターネット活用を促進していく考え。