日本ソフト販売(中川基社長)は、「電子電話帳2016 Ver.21」(全国版&各地域版)を、12月25日に発売すると発表した。

電子電話帳2016 Ver.21 全国版&各地域版パッケージ

 電子電話帳は、2108万8495件(個人1482万40件/法人626万8455件)の電話帳データを収録しているソフト。公開されている電話帳をデータベース化し、検索や顧客管理などの用途に幅広く対応している。

 名称や住所から電話番号を調べるのはもとより、逆に電話番号から住所や名称を調べることもできる。さらに、各種検索・辞書機能(郵便番号検索、住所検索、姓名辞書)で、顧客登録を正確・スピーディにサポートする。検索したデータはアドレス帳に登録・管理し、連携ソフトを使った地図表示や各種印刷(はがき/封筒/ラベル/名刺/一覧表)に活用できる。

 今回の「Ver.21」では、マイナンバーに対応。アドレス帳情報(個人/法人)にマイナンバーや社員番号、健康保険証コードなどを登録し、管理することができる。マイナンバー管理者用パスワードの新設により、起動時パスワードとダブルの堅固なセキュリティを実現した。従業員や扶養家族、取引先、株主など、マイナンバーの登録・管理、廃棄業務が安全・簡単に行うことができる。

アドレス帳情報照会イメージ画像

 また、本人や家族のマイナンバーをはじめ、健康保険証コードや各種暗証番号、ネットショッピングやネットバンキングなどで必要なIDやパスワードなどをマスターキー一つで安全に管理できる。

 なお、電話帳データベースは、15年8月発刊の最新版データを収録。市区町村統廃合などで変更された住所・郵便番号の一括変換機能を更新した(96年4月から15年11月の市区町村合併に対応)。「スーパーマップル・デジタル16」を連携地図に加えている。

 税別価格は、全国版が4万8000円、各地域版(北海道・東北版/関東版/東京都版/中部版/近畿版/中国・四国版/九州・沖縄版)が1万9800円。同社では、発売後1年間で合計10万本の販売を目標にしている。