M-SOLUTIONS(M-SOL、佐藤光浩社長)は1月14日、太陽ハウジング(大上誠二代表)の運営するカフェSUN'S CAFEが、Pepper動作設定サービスSmart at robo for Pepperを導入したと発表した。

 SUN'S CAFEでは、15年9月からPepperをスタッフの一員として採用し、接客に役立てようと店頭に設置していた。しかし、Pepperを動かすための専門的なプログラミングをスタッフが習得するには時間がかかり、またPepperアプリの個別開発を委託した場合には、Pepperが店頭で接客動作をする設定に数百万円以上かかるといった課題があった。そんななかで、Smart at robo for Pepperなら、月額3万8000円でスタッフ自身がPepperの動作設定・更新をできるということで、今回の導入となった。

店頭で接客対応を行うPepper

 Smart at robo for Pepperは、プログラム開発ソフト「Choregraphe」とサイボウズの開発プラットフォーム「kintone」を連携することで、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービス。アプリケーションの開発知識をもたない人でも、ウェブ画面からの簡単操作ですばやく自由に設定し、挨拶やディスプレイ表示など、いつでも自由にPepperに意図した動きをさせることができる。

 SUN'S CAFEは、15年12月下旬にSmart at robo for Pepperを導入。従来のPepper向けアプリケーション開発期間よりも短い3週間で、SUN'S CAFEのスタッフ自身がPepperアプリの設定を完了した。さらに、定期的なセリフ・動作の変更もSUN'S CAFE自身で行うことが可能になったことで、今後、Pepperの本格的な活用を始める予定。