アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、AXLBIT(アクセルビット、天野信之社長)のSaaSプラットフォーム「AXLBOX」で、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」の提供を2月2日に開始したと発表した。

 ALSIでは、企業や官公庁、自治体、教育機関などに向け、持ち出しデータの情報漏えい対策InterSafe ILPを提供している。InterSafe ILPは、情報の持ち出しを制御する「デバイス制御」「持ち出し申請・承認管理」、持ち出し後の安全性を担保する「ファイル自動暗号化」「セキュリティUSBメモリ作成」をオールインワンで実現する製品群で、四つの製品から必要な対策を企業の課題に合わせて選択し、自在に組み合わせて導入することができる。

 今回、アクセルビットが提供する「InterSafe ILP powered by AXLBOX」を利用することにより、管理サーバーを導入・構築することなく、クラウド上で簡単にInterSafe ILPを運用できるようになる。また、「InterSafe ILP powered by AXLBOX」はクラウドで提供するため、これまでサーバーの導入・構築・運用負担の面から対策が遅れていた中堅・中小企業でも、手軽に情報漏えい対策が可能となる。税別価格は、1ID月額200円から。

 なお、InterSafe ILPの管理サーバーは、アクセルビットのグループ会社であるビットアイルエクイニクスが日本国内で運用している堅牢で強固なデータセンターで稼動するため、ログを含めたセキュリティの面でも安心して利用することができる。

 今後もALSIは、アクセルビットとの協業を深め、顧客ニーズに合った最適なセキュリティソリューションを提供していく考え。