アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」の新バージョン「InterSafe CATS Ver.4.4」を、12月21日に発売した。

 InterSafe CATSは、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理まですべてクラウド上のサーバーで行うことで、簡単に導入・運用できるクラウド型Webフィルタリングサービス。社内ネットワークに接続していない持ち出し端末や、マルチデバイス(Windows/iOS/Android)に対応し、社内外のWebアクセス一元管理を実現する。

 今回の新バージョンでは、「セーフサーチロック機能」を追加した。YouTube、Google、Yahoo、Bingが提供しているセーフサーチ機能は、検索結果一覧に表示される不適切な動画や画像表示をブロックする機能で、通常はエンドユーザー側で任意に設定することができる。「セーフサーチロック機能」を利用することで、システム管理者が強制的にセーフサーチ機能をクライアント端末に適用することができる。

セーフサーチロック機能のイメージ

 これにより、システム管理者がクライアント端末ごとにセーフサーチを設定する手間を解消するとともに、授業や業務での検索時の安全性を高め、利用者がより安全にインターネットを活用できるようになる。

 また、クライアントモジュールの動作環境にWindows 10を追加し、最新のクライアント環境で利用することができる。

 税別価格は、1年間5~99ユーザーで利用の場合、一般ライセンスが3000円から、ガバメントライセンスが2700円から、アカデミックライセンスが2400円から。