ニフティ(三竹兼司社長)は1月26日、都内の同社オフィスで「IoTの『T』が見れるでShow!」と題した展示会を開催した。同社のほか、沖電気、オムロン、リコー、ユビキタス、セールス・オンデマンド、ソフトバンクロボティクス、ぷらっとホームの計8社がIoT関連のサービスやデバイスなどを展示。ミニセミナーのコーナーも併設し、各社のIoTビジネスのキーマンが登壇した。会場には、IoTソリューションの導入を検討するユーザー企業やIoT関連のビジネス拡大を目指すSIer関係者らが多数集まり、盛況を博した。

 ニフティは現在、IoTソリューション向けのサービスに注力している。ニフティクラウドのシステムプラットフォーム上に、IoTソリューションの構築に要求されるアプリ開発環境や、軽量な通信プロトコルなどをパーツ化してラインアップした「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」のほか、IoT開発支援サービスの「IoTデザインセンター」も提供している。これらは、いわばIoTの「I(Internet)」側を支えるサービスだ。

 一方で、ニフティがIoT関連のセミナーやカンファレンスを開くと、参加者からは、IoTソリューションの具体的な姿が想像しづらいという声が上がっていたという。今回の展示会は、IoTの「T(Things)」側の商材をもつベンダーとニフティのサービスを一堂に集めて紹介することで、参加者にIoTで可能になることをより具体的にイメージしてもらえるようにすることを意図している。

 ニフティは、ソニーコンピュータサイエンス研究所のスマートホーム向けスマートフォンアプリの運用改善に貢献したIoTデザインセンターの活用事例を紹介したほか、IoTデザインセンターのパートナー企業に関する情報なども展示した。

 「T」側の商材を展示した各社ブースでは、リコーが、360度すべての撮影が可能なデジタルカメラ「THETA S」の実機展示やヘッドマウントディスプレイのデモ展示を行ったほか、ソフトバンクロボティクスは、「Pepper」とスマート電球を連携させたソリューションのデモなどを披露した。各社の展示担当者は、「自社のデバイスをどうIoTソリューションに組み込んでいくのか、事例の構築はまだまだこれから」としたものの、ニフティが提供するような「I」側のサービスの充実とともに、ビジネスとしてのポテンシャルは急速に拡大するとの見方を共通して示した。(本多和幸)

来場者がブース担当者に熱心に質問する姿が目立った