アイキューブドシステムズ(佐々木勉社長)は2月23日、日本マイクロソフト​(平野拓也社長)​、VAIO​(大田義実代表取締役)​、ワンビ(加藤貴社長)との協業のもと、Windows 10対応とともに、Windows向けの管理機能を大幅に機能強化したMDMサービス「CLOMO MDM」とオプションサービス「CLOMO MDM secured by OneBe」の提供を開始したと発表した。

 アイキューブドシステムズでは、日本国内のMDMベンダーで唯一、日本マイクロソフトとの協業のもと、CLOMO MDMのWindows 10対応強化を進めてきた。さらに、VAIO、ワンビとの協業によって、高度なWindows管理機能の提供準備を進めてきた。今回の機能強化で、CLOMOを利用する企業・教育機関・医療機関のIT担当者は、「特定エリア内で利用するWindowsデバイス」と「エリアを限定せず、多種多様な場所で利用されるWindowsデバイス」を一元管理しながら、利用用途や場所に応じた最適なセキュリティ対策やデバイス設定などをリモートで行うことができる。

 ​主なWindows 10向け管理機能としては、「緊急時(盗難・紛失)対策」「利用状況の監視」「機能制限/設定の適用・解除」「不正持ち出し対策」など、モバイルならではの運用効率化や、情報漏えい対策をすべてリモートで実現する。企業・教育機関・医療機関のIT管理者は、CLOMO MDMを利用することで、デバイス配備や管理の手間を大幅に削減できる。

 今後は、MDMサービスへの組織・ユーザー情報連携や、各種アプリへのシングルサインオンを可能にする「Azure AD対応」、デバイス初期設定時の自動化を可能とし、キッティング業務を大幅に効率化する「Azure AD Join対応」など、Windows 10新機能への対応強化や、Windows 10搭載スマートフォンへの対応を進める予定。