新日鉄住金ソリューションズ(謝敷宗敬社長)は3月22日、クライアント仮想化ソリューション「M3 DaaS(エムキューブダース)@absonne(アブソンヌ)」に、標的型攻撃対策として、パロアルトネットワークス(アリイヒロシ会長兼社長)のアドバンストエンドポイントプロテクション製品「Traps」を採用し、セキュリティへの取り組みを強化すると発表した。

 M3 DaaS@absonneは、クライアント端末にデータを保持しないため、PCの紛失・盗難による情報流出からデータを守ることができる。今回、これに加えて、未知の脅威への対策を考えている顧客ニーズに応えるべく、最新のエンドポイントセキュリティ製品を複数比較・実機検証した。この検証結果にもとづき、攻撃者が使う手法を特定・ブロックする機能をもち(振る舞い検知)、さらにはリソース消費の少なさからクライアント仮想化環境と相性のよいパロアルトネットワークスのTrapsを採用した。

 M3 DaaS@absonneの拡張サービスとしてTrapsを提供することで、従来のセキュリティ対策に加えて、未知のマルウェアに対する検知・防御能力を高め、さらに高度化する標的型攻撃への対策メニューを拡充する。また、新日鉄住金ソリューションズが提供しているセキュリティ運用支援サービス「NSSEINT」と併用することで、より万全なセキュリティ運用のPDCAサイクルを構築することが可能となる。