ストレージクラフトテクノロジー(岡出明紀代表)は4月14日、バックアップ管理ツール「StorageCraft ImageManager 7」に、バックアップ・イメージ管理とレプリケートをより簡単・柔軟に実現できる新機能を追加したと発表した。あわせて、従来は有償のプレミアム機能として提供していたバックアップ・リカバリの最新テクノロジ「StorageCraft intelligentFTP(intelligentFTP)」と「StorageCraft HeadStart Restore(HeadStart Restore)」を無償の標準機能として提供を開始した。

 今回追加した新機能のアドバンスド・イメージ・ベリフィケーション(整合性検証)機能では、StorageCraft VirtualBootテクノロジを活用して、設定したスケジュールにしたがい、バックアップを仮想マシンで自動的に起動し検証する。結果は、検証時のシステムログイン画面のキャプチャを添付したメールで通知する。

 また、展開可能な管理フォルダ機能を新たに追加。レプリケーション、HeadStart Restore、intelligentFTP、ShadowStreamの各ジョブなどの詳細情報を表示し、進行中の検証や統合状況なども、一目ですばやく簡単に確認できるようになった。さらに、管理フォルダのフィルタ機能によって、ジョブタイプごとのフォルダ、実行中タスクがあるフォルダ、同期中のフォルダなど、設定されたジョブの種類にもとづいて、表示するフォルダをフィルタリングすることが可能となった。このほか、バックアップストア・フォルダの一括管理機能も追加している。

 標準機能として無償提供を開始するintelligentFTPは、FTPサーバーまたはWindowsファイルサーバー(SMB/CIFS)に、バックアップ・イメージファイルの転送(レプリケーション)を実行し、レプリケーションの保持ポリシーを柔軟に設定できる機能。また、HeadStart Restoreは、フェイルオーバー用の仮想マシンにバックアップを事前にステージングすることにより、緊急時のリカバリを数分で完了できる機能となっている。