オージス総研(西岡信也社長)は、セゾン情報システムズ(内田和弘社長)のデータ連携製品であるファイル転送ツール「HULFT」とデータ連携EAIツール「DataSpider Servista」を採用し、「クラウド連携ソリューション」を強化したと発表した。

 今回強化したクラウド連携ソリューションでは、オージス総研のもつ「変化に柔軟に対応するアーキテクチャ設計の知見と実績」「クラウド環境を効率よく運用・管理する自動化・省力化技術」などと、セゾン情報システムズの製品を組み合わせることで、企業システムのクラウド移行やSaaSと社内基幹システムとのデータ連携を、より安全で確実に行うことが可能となった。また、高い生産性による短いサイクルでの開発を実現するとともに、連携数やデータ量の増加に耐え得る拡張性や効率的な運用・管理を実現する。

 オージス総研は、クラウド連携ソリューションをはじめとして、クラウドと周辺技術を活用し、組み合わせ型の情報システムをすばやく構築・運用するソリューション群を提供している。今後も、これらにより企業が新たな価値を生み出し、新しい時代へと進むためのAPIエコノミーの実現を推進していく方針。