NEC(新野隆社長)は、三井住友銀行(國部毅頭取)の勘定系システムにおいて、東日本・西日本の両センター間での相互バックアップ環境を構築した。遠隔地間での相互バックアップ環境の構築は、大手銀行の勘定系システムでは国内初の事例となる。

 三井住友銀行は2015年5月、NECのハードウェアを採用した現在の勘定系システムへと刷新。これまでは、東日本センターに設置したシステムを本番用、西日本センターに設置したシステムをバックアップ用として運用していた。

 今回、両センターの勘定系システムを本番用とし、店舗単位で両センターのシステムを分散して利用する相互バックアップ環境を構築。両センターが本番とすることで、有事の際にシステムを切り替えるという作業が不要になり、切り替えに伴うリスクを軽減できる。

 同システムでは、NEC製メインフレーム専用のオールフラッシュストレージ「iStorage A5000」のミラーリング技術により、東西約500Km離れたセンター間で相互バックアップを実現。また、NEC製ミドルウェア「DIOSA」において、更新電文をインメモリで高速処理する機能を開発し、ストレージのミラーリング技術との組み合わせにより、勘定系システムの設置場所を意識しないアプリケーション処理を可能にした。(畔上文昭)